音大の受験科目には何があるの?専門以外の準備も必要!【音大受験・音楽大学受験】

音楽が好きで「音大に行きたい!」と思っても、専門の実技だけでは音大受験は成功しません。

音大入試の受験科目は、自分の専門分野以外にもあるからです。

私は子供の頃から勉強が嫌いで、数学をやらなくていいという不純な動機も手伝って音大を目指したところがありました。

ですが私は数学の勉強をするのと同じくらい、大変な勉強が待っていることを知りませんでした。

自分の専門分野の練習や勉強もしなければならないし、ソルフェージュもやらないとだし、学科の勉強もしないといけない。

音楽大学の受験科目は幅広く、やったことがないものだと慣れるまでに時間がかかるため、早いうちに受験科目をチェックして取りかかる必要があります。

音大の受験科目にはどんなものがあるの?

音大の受験科目は大学によって異なりますが、多くの音大の入試で行なわれているものは以下の通りです。

専門実技

ピアノ、声楽、ヴァイオリンなど、自分が専門としている科目です。
これは当然、いくつかの実技試験があります。

音大入試の実技試験の多くは課題曲が決められているので、早い段階で曲目をチェックして準備しておきたいものですね。

ピアノ(副科ピアノ)

ほとんどの音大入試の受験科目になっているのが副科ピアノ。
ピアノ以外が専門であってもピアノの実技試験があるのです。

ピアノをある程度のレベルまで習ったことがある人なら問題ない科目ですが、音大受験をしようと考える人の中には全くピアノを習ったことがない人もいます。

そういう人はすぐにでもピアノを習い始めないと受験に間に合わなくなります。
ですからすぐにレッスンを始めて受験曲も早くチェックし、できるだけ早く試験曲にとりかかりましょう。

楽典

音楽の理論を「楽典(がくてん)」と言い、音楽大学の受験科目にもなっています。

楽典は筆記試験。
ひたすら暗記したり、数多く問題を説いて慣れなければいけない部分もあるので隙間時間に少しずつ勉強しておきましょう。

また、各大学の資料とともに前年度の入試問題を配布している大学もあるので必ず取り寄せて傾向をつかんでおきましょう。

関連記事

音大の受験曲はどんな曲を演奏するの?早めにチェックして備えよう!【音大受験・音楽...

【音大受験の勉強法】コールユーブンゲンはどう勉強する?【音楽大学受験】

【音大受験の勉強法】副科ピアノの勉強はどうすすめる?【音楽大学受験】

音大受験をするなら夏期講習会に参加すべき?参加する5つのメリットとは【音楽大学受...

【音大受験の勉強法】楽典はひたすら暗記と慣れ!【音楽大学受験】

音大の受験日はいつ?AO、推薦もあるので早めにチェック!【音楽受験・音楽大学受験...